ホットスタッフロゴ

CMS導入 -ワードプレス-

Web production with Wordpress

CMS(WordPress)導入
-introduces CMS-

CMSの導入について

CMS導入はすべてのホームページに必要なものではありません、特にコーポレートサイト等でで更新の頻度が非常に低く 年に数回のテキストの更新であれば、フリーのエディタを使って更新すればコスト的にもCMSを導入する必要性は低いと考えられます。

新着情報やその他知らせなどで、更新頻度が多いホームページに

ユーザーへの告知や商品の案内等更新頻度が高い場合、HTMLの編集アップロード等の手間を省き、タイムラグ無く更新する必要がある場合、CMS導入は有効です。

ブログ感覚で更新

Wordpressのダッシュボードがら更新したい項目を選びテキスト、画像等を更新するだけ。

ホームページCMS導入イメージ画像

既存のホームページをワードプレス化
-Converted to WordPress-

今の現状のままワードプレスへ

お客様へのお知らせのみCMS化したい

静的なファイル(html)との共存で一部のコンテンツを表示するページのみ動的なファイル(php)に変更することも可能です。但し、CMSの能力をフルに生かすことは出来ませんので、今後の拡張性、利用方法は制限されます。

デザインから製作

WordPressで新しいホームページ製作

製作の流れは通常のホームページと変わりません、今までHTMLで製作されていたコンテンツをPHPファイルに置き換えるだけです。

ワードプレスロゴ

ワードプレスで何が変わる
-The power of WordPress-

色んな情報を更新したい

カスタム投稿を利用して、いろんなコンテンツをダッシュボードから更新できるようにします。例えば、「お知らせ」、「商品一覧」、「店舗情報」など別々に管理して更新することができます。

表示順を変えたい
指定のグループのみ表示したい

カスタム投稿を使って、表示したい場所に表示したいものを表示させます。

Wordpresの本質

CMS(WordPress)を導入することによって、更新作業の効率化などがありますが、本質は情報の有効活用にあると考えます。 HTMLでも可能ですが、手間と時間がかかります。CMS(WordPress)を導入することによって、情報を登録する際、情報の属性によってうまくグループ分けをすることで後々その情報を簡単に手間をかけず、登録された情報を呼び出すことができ、ホームページをより良いものにできます。

CMS活用イメージ